2018年02月18日

【三橋貴明】おカネとは何なのか?

■【三橋貴明】おカネとは何なのか?■

【三橋貴明】おカネとは何なのか?
☆三橋貴明の「新」経世済民新聞
三橋貴明の公式サイト
三橋貴明の公式サイト)より【転載】。


★★From 三橋貴明 『月刊三橋』★★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−-


【近況】

来週月曜日(2月19日)から
箱根湯本で”人手不足解消合宿”
が始まるのですが、折角、
お越し頂きますので、単なる
人手不足解消のヒントのみではなく、
「おカネ」「国民経済」についても
ガッチリと学んでいって
頂きたいと考えています。

特に、「おカネ」については、
「おカネを発行してみよう」
「銀行はいかにしておカネを創出するのか?」
など、実習プログラムをご用意致しました。

おカネが単なる
「債務と債権の記録」であること。

銀行は通帳に数字を書くだけで、
おカネを発行できること。

特に、デフレで「カネ、カネ、カネ」
となっている日本人に多いように
思えますが、我々はおカネについて、

「神様が創造してくれた、今、目の前にある財産」

と、認識してしまいがちです。

何しろ、毎日、使っているモノでもあるため、

「このおカネは一体どこから来たのだろう。
なぜ、この紙片(紙幣)で買い物ができるのだろう」

などといった疑問を持つことも、まずありません。

また、おカネの本質が理解できない場合、
デフレという貧困化の中において、
国民が政治に「デフレ化政策」を
推進させることで、状況が
悪化していってしまうわけです。

「政府はムダなカネを使うな!」
「また、公共事業のバラマキが!」
「国の借金で破綻する!」

といった、日本のデフレ脱却を
妨げているレトリックは、結局のところ
我々が「おカネとは何なのか?」という
本質について無知であることに
起因していると思うのです。



◆2月17日(土) 三橋経済塾第七期 第二回対面講義が開催されました。。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちください。



週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
   第259回「国土経済学」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。



有料メルマガ 週刊三橋貴明
  〜新世紀のビッグブラザーへ〜 週刊三橋貴明
   Vol456 経済政策のバズワード(後編)
過去五年間、なぜ日本はデフレ脱却に失敗し続けたのか。「デフレは貨幣現象」というバズワードが原因でした。



◆メディア出演

今週のメディア出演はありません。



◆三橋経済塾
2月17日(土) 三橋経済塾第七期 第二回対面講義が開催されました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちください。


◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。



【★転載】終わり。



御精読ありがとうございました。
posted by ebi at 21:10 | 「新」経世済民新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする